感染対策 Infection Control

滅菌・消毒を徹底しています 普段から感染症に対しての対策として、滅菌・消毒を徹底しています。治療に使用する器具は、ハンドピースを含めて全て滅菌しています。
手袋や紙エプロン、紙コップなどは、使い捨ての対応をとっており、患者様毎に交換しております。
また、患者様の治療が終えられる度に、チェアーも診療台もアルコールにて消毒を行っておりますので、感染を防ぐ最大限の努力を継続しております。
口腔外バキュームの設置 院内に飛沫感染対策に効果的といわれる口腔外バキュームを3台設置しています。
飛沫防止 新型コロナ感染対策に受付窓口にアクリルパーテーションを設置しました。
多くの飛沫は患者様との間にあるアクリルパーテーションへ当たり、患者様へ届くことを防ぐ効果が期待できます。
患者様に安心感をもって来院していただけたらと思います。

スタッフの対策 Staff Control

フェイスシールド着用 咳、くしゃみ、会話時など他人から飛んでくる飛沫が顔にかからないようにするためのものです。
当院では、スタッフ全員がフェイスシールドを着用することによって顔にウイルスが付着するのを防ぎ、患者様にもウイルスが飛散しないようにしています。
スタッフの体調管理 院長、スタッフ一同 毎日診療前に体温の測定を行い、体調管理に努めております。


患者様へのお願い Requests

・風邪症状(咳・熱など)がある方はご予約をキャンセルしていただき、体調がよくなってからご来院ください。
・飛沫感染及び接触感染を予防するために待合室でのマスクの着用や手洗い、手の消毒その他院内での感染予防にご協力いただきますようお願いいたします。

顔認証体温測定器の導入 Body Temperature

AIカメラによる顔認証と同時に、赤外線センサーによる非接触自動温度測定により体温測定が可能になりました。
顔認証と検温を同時に実施し、異常体温の人物を瞬間的に特定できます。患者様とスタッフの健康推進および感染症対策として、最先端なAI検温と顔認識テクノロジーで体調管理を強化しました。
診察室入口にサーモグラフィー(サーマルカメラ・顔認証AIカメラ)を設置し、ひとりひとり必ず検温をできるようにしました。スタッフ全員の検温も毎日おこない、コロナ感染対策に取り組んでいます。
治療当日体温が高い(37.5度以上)場合は診療を先延ばしする可能性もあります。ご協力ください。

口腔内情報の記録方法の変更 Recording Method

これまでは主に口の中の情報の記録をボールペンで行っていました。
ボールペンは毎回消毒していましたが、感染予防の強化するためにほとんどの記録をパソコンで入力するようにし、マウスとキーボードに感染予防のシールを貼っています。
感染予防のシールは患者様ごとに毎回張り替えるようにしています。